DAIWA シルバーウルフ MX 72L-S 2017年モデル

最安値
- 円
(税込)

商品の説明

17シルバーウルフ MX 72L-S みんなのインプレ 6件

平均評価

あなたの評価

0

シルバーウルフ レビュー

■用途 チニング ライトゲーム ■使った感想 ソリッドティップなので非常に食い込みが良いのでヒット率が上がる。 ルアーの操作感や状態もわかりやすい。 柔らかめなので30cm程度のクロダイでもなり引きが楽しめる。 ■良い点・悪い点 良い点 ソリッドティップならではの良さをしっかり味わえる。1グラムクラスのジグヘッドも無理なくキャストできる。 かなり大口径なガイドを搭載しているため、極細PEでもライントラブルが少なく、糸抜けが非常に良い。 悪い点 かなり柔らかめのソリッドのため10gクラスのルアーをキャストすると少し頼りない感じがする。
アングラーMA
釣り歴 6年

シルバーウルフMX使用感想

■用途 ■使った感想 チヌ、キビレ、冬のタケノコメバル、ソイをやるためにこの竿を購入しました。ティップの入り具合、ダイワ特有の粘りのあるロッドですね。何枚かチヌ、キビレ釣りましたが7gぐらいが1番キャストフィーリング気持ちいですね ■良い点・悪い点 非常に軽く尺メバル等大きめの根魚と遊ぶのにもいいかなと思いました。 悪い点で言うと少し仕様キャパ限られる割に高価… ぐらいですかね
とある釣り人A
釣り歴 26年

ロックフィッシュ、メバリング〔フロート〕、マゴチに使用

■用途 根ざかな、マゴチ、メバリング〔フロート5から10g〕 ■使った感想 根ざかなつっててマゴチきちゃって逃げられたから購入。ソリッドのチニングロッドだけど、程よく固いんで、根がかりは割と外しやすい。軽いやつならハードルアーも使える。 ■良い点・悪い点 軽くて、長さも自分のポイントではちょうどいい。テトラとかでウルトラライトでは潜られちゃうやつを、とれる。 下のルアーウェイトがもう少しあると釣りの幅が広くなって嬉しい。
年中夢釣
釣り歴 9年

ライトタックルのマイナー番手

■用途 3g〜14gまでを使ったチニング、シーバスマイクロベイトパターンゲーム ■使った感想 ダイワ製品は癖なく使いやすい印象を裏切らない使いやすさ。 ファーストテーパー気味の調子ではあるが、20cmそこらのキビレでもベリーがしっかり入って楽しい竿 バットはしっかりしているが、柔軟さも持ち合わせてダイワらしい竿の曲がり。 ランカークラスのシーバスを手元まで寄せる事ができたが、無念のバラシ。 ライトクラスロッドならではの、繊細なアプローチにはベストかも。 ■良い点・悪い点 良い点 使いやすさ抜群。小さなあたりを絡めとるティップセクションがすごくいい働きをしてくれる。 3gのスネコン50s 4gちょっとのジョイクロ70から、TKLM90、スイッチヒッター85LV、65sあたりまで不自由なく使える汎用性の高さ 悪い点 シーバスプラグのフックをそのまま使うときは、バットをしっかり使わないとフッキングしない。 ウェイト表記内でも、バイブレーション系は苦手。 汎用性が高いので忘れがちだが、フィネスなロッドである。
4姉妹のパパ
釣り歴 3年

マルチなライトゲームロッド

■用途 メバリング、チニング、ライトロックフィッシュ、シーバス ■使った感想 汎用性が高いロッド 感度も良く長さも丁度良く扱いやすい ■良い点・悪い点 良い点 ボトムを攻めても障害物を弾いてくれるので根掛かりしにくく、根がかりしても外しやすい 悪い点 もう少しルアーウェイトの幅が欲しい
脱ボウズ宣言!
釣り歴 3年

ブラーで使えます

■用途 ブラーでカレイを狙うために選択 ■使った感想 思ってた以上にバイトに敏感。 ソリッドティップのため合わせにはコツが必要だが、メガトップは感度が良いので慣れれば攻めやすい。 ■良い点・悪い点 メガトップ仕様で7.6fのサイズがあれば最高。もともとチヌロッドなのでバットパワーも十分にあり、コスパも良く、負荷帯も幅があるため、漁港での探り釣りならこれ一本でだいたいやれます。軽めのミノーなどもキャストし易かったりします。
遊釣部★道南
釣り歴 48年

17シルバーウルフ MX 72L-S 最新釣果 424件

17シルバーウルフ MX 72L-S 使っている釣り人 22人

17シルバーウルフ MX 72L-S 詳細情報

製品 ロッド
メーカー DAIWA
シリーズ シルバーウルフ MX
年式 2017
品番 DAIWA 17シルバーウルフ MX 72L-S
メーカーURL www.daiwa.com

2017
DAIWA SILVER WOLF MX
ダイワ シルバーウルフ MX