SHIMANO コルトスナイパー SS S96M 2019年モデル

最安値
23,639円
(税込)

ショップ価格比較

商品の説明

適している釣り

19コルトスナイパー SS S96M みんなのインプレ 7件

平均評価

あなたの評価

0

ライトショアジギング向け。

■用途 ■使った感想 軽くて使いやすい。 ■良い点・悪い点 軽いジグも投げれる。
ぶーちゃん!
釣り歴 19年

コルトスナイパーss

■用途 ショアジギング ■使った感想 流石SHIMANOって感じの、ロッドです。 ■良い点・悪い点 良い点 バットパワーが凄く強いロッドで、魚とのやり取りが楽に出来る 悪い点 リールを固定するネジが2つ付いてますが、下のネジが良く緩む
16/Hiroyuki /Nga
釣り歴 5年

ライト高コスパロッド

■用途 サーフ/ライトショアジギング 装備リール 21ツインパワーSW5000XG ライン バリバスアバニ10x10 X8 1.2号 ジグMAX60g プラグMAX45g ■使った感想 メタルジグ快適にキャストできるのはMAX40g前後 60gは出来ないこともないけど、キャストに気を使うのでおすすめしない。40gだと無風であれば100mオーバーは安定してキャストできる。 メタルジグのシャクリ操作は30g-40gがしやすく、ベストは40gくらい。 20g代はシャクリ幅を狭くすれば何とかレベルなのでMLロッドおおすすめする。 プラグのキャスト性能 サイレントアサシン140F 無風/60-70mは平均して飛ばせる。 サスケ烈波120 無風/30-40mくらいの飛距離でキャスが難しい。 モンスターショット80 無風/80-100mは平均して飛ばせる。 モンスターショット110 飛ばせるけどキャストに気をつかうので95までがいいと思う。 バレットブル130F 飛ばせるけどキャストに気をつかう。操作性はティップが柔らかいのであまり良くない。MH以上ロッドがおすすめ。 サーフでメインで使うのであれば素直にネッサの方がいいと思う。 ■良い点・悪い点 価格相応 キャスト性能、軽さとどれも満足出来る ショアジギロッドなのでパワーもあり 入門としては良いロッド。 キャストに慣れてくると30-40gのジグや ヘビーシンキングをフルキャストすると ジョイントが結構ズレてることが多くなった。 自分のロッドが緩んでいるだけかもしれないが 素直にスクリューロックジョイントの付いた XRにすればと後悔した。
ヒカリ'
釣り歴 24年

力強い

■用途 サーフ ライトショアジギング ■使った感想 50gくらいのジグだったら、ロッドを思いきり振り抜けます。 ■良い点・悪い点
ともじぃ
釣り歴 33年

足場のいい堤防などからのライトショアジギングはこれ1本で十分❗️

■用途 堤防からのライトショアジギング 20〜30gのプラグ 30〜60gのジグやメタルバイブ ■使った感想  堤防からだと長さもちょうど良く、一番使用頻度の高い28gのプラグと40gのジグが快適に投げることができ、ミディアムのティップだとプラグやバイブの振動が手に伝わり、ジグも早めのワンピッチジャークは勿論、スロー系のアクションをしても弾きすぎない操作性でした。 バットパワーもあり80cmクラスのブリであれば主導権を取られず問題なく寄せれます。 不意にメータークラスが来ても時間をかけてやりとりすれば寄せれるパワーがあります。 ■良い点・悪い点
ショアジギ五郎
釣り歴 5年

毎年 釣果が伸びてます

■用途 ショアジギング ■使った感想 操作がしやすい ■良い点・悪い点 一日中シャクリ続ける事が出来る
アングラー§めばる§
釣り歴 44年

19コルトスナイパー SS S96M 最新釣果 392件

19コルトスナイパー SS S96M 使っている釣り人 142人

19コルトスナイパー SS S96M 詳細情報

製品 ロッド
メーカー SHIMANO
シリーズ コルトスナイパー SS
年式 -
品番 SHIMANO 19コルトスナイパー SS S96M
メーカーURL fishing.shimano.co.jp

ショップ価格比較