SHIMANO
ルナミス
2020年モデル

29,211円 〜 41,613円 (税別)
105 インプレ
8543 釣果

モデル一覧

20ルナミス みんなのインプレ 105件

平均評価

シマノの優等生ショアキャスティングロッド

■用途 サーフ、主にフラット ■使った感想 シマノらしいショアキャスティングロッドで、非常に軽く、曲がりも良くまさに優等生なロッドです。 シーバスだけではなく、メーカーの表現通りのマルチキャスティングロッドです。 ■良い点・悪い点 とにかく軽い、そして強い! 軽く、強いので、ダイワやヤマガ系のしなやかなロッドが好きな人には合わないかもしれません。 シマノのロッドが好きで、マルチに使いたい人にはオススメです。
アジマニ
釣り歴 9年
S106M

しなやかさとパワーを兼ね備えたロッド

■用途 ■使った感想 スペックはネッサリミテッドとほぼ同等、細身のテーパーの割にはパワーがあり60アップのヒラメも難なくいなめられます。 ■良い点・悪い点 良い点、振り抜きが良くパワーもあり感度も良くソフトルアーからハードルアーまで使いこなせる。 悪い点、2本継ですが使用しているうちにややロッドの位置がズレる時がありリールシードも少し緩むので絞め直しが必要
IKEDA@SURF
釣り歴 30年
S106MH

ハイエンドに匹敵する使いやすさ

■用途 ショアキャスティング全般 ■使った感想 中型青物やマス系を狙いに磯やサーフで使用。 エクスセンスジェノス110MH&ステラSW4000XGがメインで、ルナミス110Mはヴァンキッシュ4000XGとサブでの使用。 パワーのタックルとは逆で、軽量&高感度で使いやすいロッドです。 プラグ30gジグ35g程度がちょうど良く振れます。 ■良い点・悪い点 カーボンモノコックは好みが分かれるところか。 傷がつきやすそう、長さが気持ち長い、滑りやすいとの意見もある。
TK66
釣り歴 10年
S110M

長さを硬さでカバー

■用途 サーフのランガン ■使った感想 ティップの持ち重りしないよう 短めを選びました 片手で扱えそうなほどかるいので 疲れず投げ続けられます ボートキャスティングにも 流用していますが、問題ありません。 ■良い点・悪い点 80アップも寄せられるパワー 遠投は長さ分不向き。
粘着者にブロックされるの寂しいね
釣り歴 88年
S80M

ステップアップにはもってこい。

■用途 ・サクラマス、ヒラメ ■使った感想 中堅クラスのロッドで、ステップアップにはもってこいのロットです。 リアグリップはカーボンモノコックになっているので EVA、コルク以外使用した事が無い方は最初は違和感を感じるかと思います、直ぐに慣れますが。 程よく柔らかいディップなので当たりも取りやすいしフッキングでバレる確率は低下傾向です。軽量ロッドなので長時間釣行も苦にならず肩の疲労は軽減出来ました。 ■良い点 ・意外とパワーもあり中堅青物も対応出来る。 ・軽くて長時間釣行でもあまり疲れない。 ・感度良くて当たりが取りやすい。 ■悪い点 ・リアグリップがカーボンモノコックでキズが目立つ。 ・フックホルダー着いてるがしまい忘れるとキャスティング時引っかかってライン切れるので注意が必要。
あたおかアングラー
釣り歴 4年
S100M

総合的にはいいけど…。

■用途 ■使った感想 感度は良好。しっかりルアーの動きがわかります。 掛けてもワラサぐらいまではよせれます。 非常に軽いロッドなので長時間のキャストでも問題無しです。 ■良い点・悪い点 とにかくカーボンモノコックの見た目が好き! ただセンタージョイントが緩みやすい!!
オヒラ水
釣り歴 6年
S100M

20ルナミス 最新釣果 8543件

20ルナミス 使っている釣り人 1289人

20ルナミス 詳細情報

製品 ロッド
メーカー SHIMANO
シリーズ LUNAMIS
年式 2020