DAIWA
キャタリナ
2017年モデル

19,980円 〜 32,105円 (税別)
5 インプレ
219 釣果

モデル一覧

17キャタリナ みんなのインプレ 5件

平均評価

近海のキャスティング向けに

■用途 オフショアキャスティング ■使った感想 恥ずかしながらまだ、サゴシしか釣り上げていません。小さなサゴシはかかった瞬間に暴れることなく上がってきます。地元近海の小型青物向けに使っていきたいです。 ■良い点・悪い点 これから使い込んでから編集します。
山内山
釣り歴 27年
C83MHS・E

キャタリナ

■用途カツオ、メジ ■使った感想 6キロ位までは楽しめると思います。 ■良い点・悪い点 取り回しの良さ
たかし(名古屋)
釣り歴 44年
C74MS・E

キャタリナJ62MS

■用途 ブリ、ヒラマサジギング ■使った感想 オフショアデビュー時に購入し今も使用中。 いきなりソルティガには手が出せない方にはお薦め。 ソルティガのようなしなやかさは無いがワンピッチジャークはしやすいので普通に釣れます。 大物がかかっても対応はできます。 ■良い点  兎に角扱いやすく綺麗にワンピッチジャークをしたい方にはお薦め。 悪い点 大物がかかるとポンピングでリフトアップするとやたら疲れる(良い意味での疲れるかな)(笑)
ケイタ1220
釣り歴 年
J62MS・E

オフショアジギング

■用途 東京湾のオフショアジギング。ワラサ、イナダ。 ■使った感想 水深20から40mのジギング。ジグ60から80gはこのMLがベストだと思います。ジグ100gはもうひとつ上のMを使用します。イナダはもちろんワラサクラスもPE2号でしっかり引き寄せるパワーがあります。 ■良い点・悪い点 食い渋りの時も軽めのジグでしっかりしゃくれるのでヒット率は高いと思います。 東京湾の初秋は水深浅めなのでこのロッドがエース級で活躍します。 サワラがヒットすると横走りするのでややパワー不足です。表層ではジャークせずにボトム付近でワラサを狙います。
スナフキン90SP
釣り歴 18年
J63MLS・E

キャタリナ J61LS

■用途 ライトジギング ■使った感想 LSだけあってそんなに反発力もなく小型青物で遊ぶには丁度良い 主に東京湾で使用しているがタチウオも釣れるオールマイティーなロッド ■良い点 60gあたりを沈め根魚、青物で楽しめるロッド 悪い点 特になし
ケイタ1220
釣り歴 年
J61LS・E

17キャタリナ 最新釣果 219件

17キャタリナ 使っている釣り人 104人

17キャタリナ 詳細情報

製品 ロッド
メーカー DAIWA
シリーズ CATALINA
年式 2017