YAMAGA Blanks
バリスティック TZ ナノ

55,044円 〜 66,990円 (税別)
31 インプレ
2513 釣果

モデル一覧

バリスティック TZ ナノ みんなのインプレ 31件

平均評価

選んで間違い無しのシーバスロッドです👍

94M
■用途 主にリバーシーバス、サクラマス、ライトショアジギに使用しております。 ■使った感想 自重がとにかく軽いです。 1日振り続けても大丈夫です! ルアーは14〜30gぐらいが気持ちよく使える感じです! ショアジギでは30gが限界でしょうかね⁉️(笑) ■良い点・悪い点 良い点は、自重が軽くて振り抜けも凄く良く、感度も十分なので釣りに集中出来ます❗ 掛けた後も綺麗にロッドが曲がってくれて、しっかりと衝撃吸収してくれます。 ロッドが軽いので少し重めのリールを合わせた方がしっくり来るかも知れませんね⁉️ 悪い点は、値段が高いのと、手に入りにくい以外は特にありません‼️(笑)
のぴお
釣り歴 45年

バリスティックナノ94M(売却済)

94M
■用途 河川シーバス ■使った感想 河川や干潟での巻き、ドリフトの釣りがやり易い。 バイブ→20g以内、シンペン→28g以内、ミノー24g以内 が扱い易い重量 Mパワー表記だが、LML位のシーバスロッドのイメージ ロッド全体がしなやかで、ペンデュラムでもバス投げでも、ルアー重量を感じながらキャストしやすい設計。 力んで投げても、軽く投げても、あまり飛距離に差は出ない安定感がある。 セイゴのバイトもある程度弾かず、魚が掛かってからはしっかり曲がり追従する。 軽いが、粘りがあり、ブランクも厚みを感じて 破断強度は充分な強さを感じる。 ガイドスレッドコーティングもしっかりしてる。 ■苦手 重量は軽いが、全体的に曲がる設計の為、ジャーク、ドッグウォークやアクションを入れる釣りは、だるく感じる。 デイゲームよりも、ナイトゲーム向きのロッドの印象。 磁力の強いルアーや、ミノー系の最大飛距離は出しづらい。
ずるむけ
釣り歴 3年

粘り腰

94M
■用途 シーバス ライトショアジギング フラット ■使った感想 感度良好、バランスも良い。 ティップも入るので弾かれにくい。 なんと言ってもバットの粘りが良いので、掛けてからの魚のサイズ感が良い意味で分かりにくい。 引きに追従して曲がり、ゴムのようにしなやかに魚を怒らせず復元する。 これが単に硬いロッドだと無駄に魚を暴れさせるが、バリスティックはうまく吸収してくれる。 ただ、40gのセットアッパーは扱えるが30gのブレード付きバイブは、引き感が強すぎて扱いにくい。 ■良い点・悪い点 メリット バランスや感度が良い。 ランカーにも対応可能な粘り腰。 飽きのこないデザイン。 殆どの種類のルアーが使える。 ウェーディングにも対応しているグリップ長。 デメリット 日本製のためか少しコストが掛かってる? トップガイドにトルザイトが使われているため激しく当てると、割れやすい。 ティップ側がキャスト時お辞儀しやすいので、キャストは調整が必要。 ルアーは6gから使えるようには書いてますが、実際は10gくらいからがお勧め。 その他 少しフェルール部分が緩みやすいので時々点検が要ります。 よく曲がるので合わせやアクションは少しオーバー気味にすると良いですよ。 やや玄人好みな味付けな気がしますが、使い込めば難なく使えます。
釣人たっつー
釣り歴 34年

トータルバランスが優れている

94M
■用途 シーバス、ヒラスズキ ■使った感想 シャープでコシがあるロッド。魚を掛けてからの安定感は素晴らしく、掛けてて気持ちがいい。大きな魚でもバットパワーで自然と寄ってくる感覚の竿です。 キャスト時のブレも少なく、すぐに収縮し、安定したキャストができます。この竿ではジグヘッド、ウェーディングでのシンペンのドリフト、ミノーの釣りに使ってます。 ■良い点・悪い点 今のところ悪い点は見つかりません。 良い点としては、キャスト時に飛距離がでる。大きな魚でも、引きを楽しみつつ、寄せる力があるところ。
ジュキヤ
釣り歴 12年

バリスティック TZ ナノ 最新釣果 2513件

バリスティック TZ ナノ 使っている釣り人 371人

バリスティック TZ ナノ 詳細情報

製品 ロッド
メーカー YAMAGA Blanks
シリーズ Ballistick TZ NANO
年式 -