tailwalk アウトバック NS765M

最安値
19,405円
(税込)

Amazon 釣工房 【小型品や軽量品は、ネコポス&ゆうパケットにてお届けいたします】
最安値で購入

ショップ価格比較

アウトバック NS765M みんなのインプレ 2件

平均評価

あなたの評価

0

どこでもなんでも竿

■用途 PE1.5号を中心に餌もルアーもなんでも ■使った感想 ドラグを3kg以上かけられるパワー、ジグ30gを70mほど飛ばせる遠投性、ビリビリ高感度、エギング竿調子ゆえの操作性、50cmの仕舞寸、、、どこでも持っていき、大体の釣りに活用する竿がほしいというニーズにぴったり。80cmくらいのカマストガリザメも余裕だった。だが元ガイドが大きく携帯性が若干犠牲になっている点、付属の竿ケースが使いにくい点、よくガイドに糸絡みする点が惜しいなあと思う。また竿の調子ゆえにティップは硬めなのでワームを食わせるだとか細ハリスで繊細な勝負だとかティップの動きで僅かなあたりを捉えるだとかは難しい。パックロッドだから、しなやか用としてグラスソリッドで穂先のピースを自作してみるのも面白いかな?あと若干先重りするので気になる人はグリップエンドを少し重くしてバランスを取るといいと思う。それと先述した大きな元ガイドが持ち運び時に曲がってしまったのでダブルフットのガイドに変更したい。PE1.5号+フロロ7号のセットで石垣島でルアーを投げ倒した結果、ジグ30gなら調子よかったが軽量プラグだとやや感度が悪かったり操作性に欠けたりした事と、3kgくらいのドラグが調子よかった事から、次からPE1.2号+フロロ6号のセットにしてみたい。でもハタかけた時はPE1.5号以上でないと獲れなかった気もするし、PE1.2号かPE1.5号か迷う。観光メインの旅行の時に、この竿と、PE1.2号かPE1.5号を巻いたダイワ2500番スピニング、リーダー6号とハサミと10〜30gのルアーと小物を少々入れた小さなタックルボックスの3つをキャリーケースに放り込んでおきたいなあ ■良い点・悪い点 上記の通り
ホシエイ愛好家(笑)
釣り歴 16年

アウトバック NS765M みんなのインプレ 2件

平均評価

あなたの評価

0

どこでもなんでも竿

■用途 PE1.5号を中心に餌もルアーもなんでも ■使った感想 ドラグを3kg以上かけられるパワー、ジグ30gを70mほど飛ばせる遠投性、ビリビリ高感度、エギング竿調子ゆえの操作性、50cmの仕舞寸、、、どこでも持っていき、大体の釣りに活用する竿がほしいというニーズにぴったり。80cmくらいのカマストガリザメも余裕だった。だが元ガイドが大きく携帯性が若干犠牲になっている点、付属の竿ケースが使いにくい点、よくガイドに糸絡みする点が惜しいなあと思う。また竿の調子ゆえにティップは硬めなのでワームを食わせるだとか細ハリスで繊細な勝負だとかティップの動きで僅かなあたりを捉えるだとかは難しい。パックロッドだから、しなやか用としてグラスソリッドで穂先のピースを自作してみるのも面白いかな?あと若干先重りするので気になる人はグリップエンドを少し重くしてバランスを取るといいと思う。それと先述した大きな元ガイドが持ち運び時に曲がってしまったのでダブルフットのガイドに変更したい。PE1.5号+フロロ7号のセットで石垣島でルアーを投げ倒した結果、ジグ30gなら調子よかったが軽量プラグだとやや感度が悪かったり操作性に欠けたりした事と、3kgくらいのドラグが調子よかった事から、次からPE1.2号+フロロ6号のセットにしてみたい。でもハタかけた時はPE1.5号以上でないと獲れなかった気もするし、PE1.2号かPE1.5号か迷う。観光メインの旅行の時に、この竿と、PE1.2号かPE1.5号を巻いたダイワ2500番スピニング、リーダー6号とハサミと10〜30gのルアーと小物を少々入れた小さなタックルボックスの3つをキャリーケースに放り込んでおきたいなあ ■良い点・悪い点 上記の通り
ホシエイ愛好家(笑)
釣り歴 16年

アウトバック NS765M 最新釣果 22件

アウトバック NS765M 使っている釣り人 12人

アウトバック NS765M 詳細情報

製品 ロッド
メーカー tailwalk
シリーズ アウトバック
年式 -
品番 tailwalk アウトバック NS765M
メーカーURL www.tailwalk.jp

ショップ価格比較