総合評価

43件中
13 - 24件(新着順)

鯵道5G 682M

AD5-S682M/AJI
■用途 アジング ■使った感想 6.8フィートを感じさせない軽さ。 鯵道5Gシリーズはどれもホントにバランスが素晴らしいと思う。 何度も何度もキャストするアジングにおいては、楽なのが一番。 ベテランのメインロッドとしても十分使える。 というか、これ以上のハイエンドロッドの必要性が所有感以外ない。 Lに比べてMはかなり硬い。 ジグヘッドは1.5~が扱いやすい。キャロが快適。 ジグ単のみの人はLの方がよいかと。 尺以上がバンバン釣れるところでは力負けせずちょうどいい。反面、豆アジはドラグ設定をミスるとバラシに繋がる事が多々あり。 ■良い点・悪い点 良い点はなんと言ってもコスパ抜群。 個人的に気になるところはグリップエンドまでが若干長いところ。
jig_tan.jp
釣り歴 5年

良い意味でメジャクラらしくない、コスパブッ壊れロッド

AD5-S682L/AJI
■用途 港湾アジング ■使った感想 とにかく軽くて使いやすい。 テイルウォーク アジストSSD・オリムピック コルトUXと迷ったが、前者はほぼ同価格ながらガイドがステンレスフレーム、後者はそもそも売ってない… メジャクラのライトゲームロッドって、大雑把な味付けな印象(使ってる人ごめんなさい)だったが、鯵道はかなり良い出来だと思う。 ■良い点・悪い点 軽くてバランスも良いので、ワンハンドキャストしやすい。感度は高いアジングロッドは使った事ないので差はわからないけど、モゾって感じのショートバイトも感じる事ができた。 見た目も無駄な装飾もなく、シックな色合いで良い。 悪い点は、ガイドにラインが絡むトラブルがたまに起きる。と言っても普通にキャストする際には滅多になく、船の係留ロープの下を通そうとして変な投げ方したりすると起きることがあるって程度。 また1番手元側のガイドがATガイドだが、強度が弱い(ぶつけたりした覚え無いのにいつの間にか曲がってた…指でグイっとやったら直った)ので、ここはダブルフットのガイドでも良かったかも。
TAKESHI0128
釣り歴 年

コスパ最強

AD5-S682L/AJI
■用途 用途はアジングオンリー アンダー1gのジグ単、5g程度のフロート(スーパーボールでの自作フロート) ■使った感想 20,000円切る価格でこの感度、ロッド重量は反則スペック。 その割にそこそこ強さも有り、防波堤でジグ単尺アジ釣った時も余裕でぶっこ抜きできました。(PE0.3 リーダー3.5lb) 相当な変態アジング狂(けなしてる訳じゃ無い(笑))じゃない限り、これ以上のアジングロッドは必要無いです。 てか、このロッドで当たりを取れ無かったら正直アジングは諦めてサビキしといた方が良いと思うレベル。 (※ロッドを褒める言葉です。) ■良い点・悪い点 悪い点は全くありません。 コスパ最強No1ロッドです。
遅咲きの海神(ポセイドン)@釣歴二年生
釣り歴 4年

高コスパ機種‼️

AD5-S582L/AJI
■用途 アジング(0.5g〜1.5g程度のジグ単) ■使った感想 持った瞬間から感じる圧倒的な軽さ! 昔ながらのソリッドティップとは一線を画す張り感で振り抜きはシャープ、キャスト後のブレもなくジグヘッドが飛んでいきます。 軽さゆえに合わせるリールを選ぶという点で、使いやすさを−1としています。 21カルディア1000&21アルテグラ1000に0.2号エステルを巻いて比べましたが、重量10gの差は特に反響感度でカルディアが上で違いを感じました。飛距離に関しては実測値ではありませんが、体感でアルテグラの方が良く飛ぶ印象です。 魚をかけてからは腕の問題ですが、張りが強いゆえに跳ねさせるとバレます。特に豆アジ狙いやハイギア、EXハイギアを使う場合は常に魚を水の中に入れながら寄せると確実に取り込めるかと思われます。 ■良い点・悪い点 とにかく軽い!
釣りバカ危機一髪
釣り歴 35年

鯵道5G S622L

AD5-S622L/AJI
■用途 アジング ■使った感想 2万でこれはスゴいと思う。 とても軽くてバランスが良い。グリップエンドを気持ち長くしてバランス取ってるのか、ロッド単体でも先重りなどはない。リールはヴァンキッシュやルビアス(エアリティ)、ヴァンフォードなどの最軽量の類いが合うと思う。 ティップも十分細いので、キャストの振り抜きもシャープで気持ち良い。 カラッとしてて水分が無いイメージと言ったら伝わりやすいかも。おかげで反響感度も申し分なし!抜けアタリも取れる。 622Lは所謂パッツンロッドというよりは、実際にリグを操作すると結構柔らかい印象。軽量ジグヘッドでも十分重さを乗せられる。 L故に、重めジグヘッドでディープを攻める場合はティップが少々もたれるから向かない。 ナイトゲームで軽いジグヘッドを使うプランクトンパターンのような静の釣りでは抜群にやりやすいと思う。 逆にデイでのリアクションやマズメのベイトパターンのように動の釣りでは、操作がリグに伝わるのが1テンポ遅れてるような印象。 自分のエリアが比較的シャローならLを。 重リグやディープならMの方がいいと思う。 M使ったことないから知らんけど。 ロッドバランスとコスパではちょっと負けるが、手感度とパワーの安心感で選ぶとARES BLUEPORTERの勝ち。 好みの話だけど、もし折れたり使えなくなったとしたら、鯵道は2本目買わないけど、BLUEPORTERは買い直す。 とは言っても総合力ではかなりオススメできる一本。 価格帯が違うけど、ビギナーがコルトUX買うなら2万出して鯵道買った方が当面は満足できると思う。 ■良い点 バランス良し。 感度良し。 コスパ良し。 スレッドの蛍光色が目感度にも貢献してくれて助かる。 ◾悪い点 グリップエンドが少々長いのと、グリップが若干太い。
jig_tan.jp
釣り歴 5年