SHIMANO スコーピオン 1652R-5 2019年モデル

最安値
30,358円
(税込)

Yahoo 釣具・フーガショップ1
最安値で購入

ショップ価格比較

19スコーピオン 1652R-5 みんなのインプレ 9件

平均評価

あなたの評価

0

ちょうど良いパックロッド

■用途 ルアーフィッシング ブラックバス、シーバス、ナマズ、ヒラメ、マゴチなど ■使った感想 旅行や釣ーリング用に購入しましたが、普段の釣りでも使いたくなるくらいちょうど良いパックロッド。 (21スコーピオンdc+1.5号PE使用) 軽いルアーはスネコン50を投げましたが サイドハンドならなんとか投げられる、 重いルアーはまだ試して無いですがネットでは ジョイクロ178なげられるみたい。 シーバスやブラックバスで使うルアーならほとんど扱える。 あとドッグウォークやジャーキングなどとてもやりやすい。 ■良い点・悪い点 良い点、 パックロッド、軽い、丈夫 扱えるルアーウェイトが幅広い 長さも取り回しが良いし、ロッドアクションしやすい 悪い点 まだ悪いところは見当たらないが もう少し長さがあるパックロッドなら 120点
tango_no_sk91
釣り歴 3年

じゃすこさんのシマノ 19スコーピオン 1652R-5のレビュー

■使用期間 2カ月(3回)程度 ■用途 ・ブラックバス用   ~10gまでのワーム操作、1ozまでの巻物 ・公共交通を使った移動に持っていくため ■体感重量 20メタニウム(175g)と合わせると、ほぼ手元に重心がくるので重さをあまり感じない。 8時間ほど使用しても疲れは感じない(30代ITエンジニアの筋力でも大丈夫) ※他社同番手のパックロッドでは先重りのせいか、3時間程度で疲れてくる。 ■グリップ感 トリガーは薄め、シートも特に分厚い感じはないので、 パーミングしたときに強い違和感は感じない。 18エクスプライド、ゾディアスを使って違和感がない人は そのまま使えるかと。 クリップエンドまでがやや短く、ダブルハンドで キャストする際は若干振りづらい。 ■操作感 ・キャストフィール  ~1/4ozまでならティップ~ベリー、1/2oz以上は~ベリーまでが  曲がってキャストできている感覚。  リリース時にダルさは感じず、ティップのブレも大きくはないので  だいたい狙ったポイントへキャストできる。  何よりガイドが他バスロッドより大きめなので、PEラインユーザは  キャスト時のガイドに引っかかる感じが低減していいと思う。 ・ルアー操作  ミノーのジャーク、クランクベイト、ワイヤーベイト、  ~5gシンカー&ワームを使用し、どれも問題なく操作可能。  とはいえ若干張りがあるので、クランク使用するなら  もう少しティップが入ってほしい。  ワームはオダやゴロタにスタックしても弾くことなく外せた。 ・フッキング~ランディング  40cm程度のバス、60cmぐらいのシーバスの口を貫通できる  位にバットがきちんと仕事をしてくれる。  両者ともぶっこ抜きしたが、折れ、ねじれもなかった。  (蛇足ですがそんなランディングはおススメしません!)  ■感度 エクスプライド65Mと比較して、あまり感度が高いとは感じなかった。 底質、バスのアタリは感じ取れるが、より詳細な情報(底が砂かヘドロか、前アタリの有無) まではわからなかった。 ■改善してほしい点 ・接続部分のずれを防ぐためのマーカーが欲しい。 ・標準のロッドケースだと竿が内部でばらつくので、  ピースごとに分かれた構造のものにしてほしい。 ■その他 1ピース、2ピースロッドとくらべても遜色なく使用できるので、 リュック1つで移動でき、交通費が大幅に節約できた。 浮いたお金で新しいルアーやタックルが購入できるのがものすごくメリット。 また、ワールドシャウラのエクステンションバットと互換性があるので、 船でのシーバス、太刀魚ジギングにも使え、さらにロッド代が節約できそう。
じゃすこ
釣り歴 年

19スコーピオン 1652R-5 みんなのインプレ 9件

平均評価

あなたの評価

0

ちょうど良いパックロッド

■用途 ルアーフィッシング ブラックバス、シーバス、ナマズ、ヒラメ、マゴチなど ■使った感想 旅行や釣ーリング用に購入しましたが、普段の釣りでも使いたくなるくらいちょうど良いパックロッド。 (21スコーピオンdc+1.5号PE使用) 軽いルアーはスネコン50を投げましたが サイドハンドならなんとか投げられる、 重いルアーはまだ試して無いですがネットでは ジョイクロ178なげられるみたい。 シーバスやブラックバスで使うルアーならほとんど扱える。 あとドッグウォークやジャーキングなどとてもやりやすい。 ■良い点・悪い点 良い点、 パックロッド、軽い、丈夫 扱えるルアーウェイトが幅広い 長さも取り回しが良いし、ロッドアクションしやすい 悪い点 まだ悪いところは見当たらないが もう少し長さがあるパックロッドなら 120点
tango_no_sk91
釣り歴 3年

じゃすこさんのシマノ 19スコーピオン 1652R-5のレビュー

■使用期間 2カ月(3回)程度 ■用途 ・ブラックバス用   ~10gまでのワーム操作、1ozまでの巻物 ・公共交通を使った移動に持っていくため ■体感重量 20メタニウム(175g)と合わせると、ほぼ手元に重心がくるので重さをあまり感じない。 8時間ほど使用しても疲れは感じない(30代ITエンジニアの筋力でも大丈夫) ※他社同番手のパックロッドでは先重りのせいか、3時間程度で疲れてくる。 ■グリップ感 トリガーは薄め、シートも特に分厚い感じはないので、 パーミングしたときに強い違和感は感じない。 18エクスプライド、ゾディアスを使って違和感がない人は そのまま使えるかと。 クリップエンドまでがやや短く、ダブルハンドで キャストする際は若干振りづらい。 ■操作感 ・キャストフィール  ~1/4ozまでならティップ~ベリー、1/2oz以上は~ベリーまでが  曲がってキャストできている感覚。  リリース時にダルさは感じず、ティップのブレも大きくはないので  だいたい狙ったポイントへキャストできる。  何よりガイドが他バスロッドより大きめなので、PEラインユーザは  キャスト時のガイドに引っかかる感じが低減していいと思う。 ・ルアー操作  ミノーのジャーク、クランクベイト、ワイヤーベイト、  ~5gシンカー&ワームを使用し、どれも問題なく操作可能。  とはいえ若干張りがあるので、クランク使用するなら  もう少しティップが入ってほしい。  ワームはオダやゴロタにスタックしても弾くことなく外せた。 ・フッキング~ランディング  40cm程度のバス、60cmぐらいのシーバスの口を貫通できる  位にバットがきちんと仕事をしてくれる。  両者ともぶっこ抜きしたが、折れ、ねじれもなかった。  (蛇足ですがそんなランディングはおススメしません!)  ■感度 エクスプライド65Mと比較して、あまり感度が高いとは感じなかった。 底質、バスのアタリは感じ取れるが、より詳細な情報(底が砂かヘドロか、前アタリの有無) まではわからなかった。 ■改善してほしい点 ・接続部分のずれを防ぐためのマーカーが欲しい。 ・標準のロッドケースだと竿が内部でばらつくので、  ピースごとに分かれた構造のものにしてほしい。 ■その他 1ピース、2ピースロッドとくらべても遜色なく使用できるので、 リュック1つで移動でき、交通費が大幅に節約できた。 浮いたお金で新しいルアーやタックルが購入できるのがものすごくメリット。 また、ワールドシャウラのエクステンションバットと互換性があるので、 船でのシーバス、太刀魚ジギングにも使え、さらにロッド代が節約できそう。
じゃすこ
釣り歴 年

19スコーピオン 1652R-5 最新釣果 413件

19スコーピオン 1652R-5 使っている釣り人 185人

19スコーピオン 1652R-5 詳細情報

製品 ロッド
メーカー SHIMANO
シリーズ スコーピオン
年式 2019
品番 SHIMANO 19スコーピオン 1652R-5
メーカーURL fishing.shimano.co.jp

ショップ価格比較