SHIMANO コルトスナイパー XR S100M 2020年モデル

最安値
30,312円
(税込)

Yahoo ワールドプラス1号店
最安値で購入

ショップ価格比較

商品の説明

適している釣り

20コルトスナイパー XR S100M みんなのインプレ 7件

平均評価

あなたの評価

0

流石‼️大手老舗のロッドって感じです😆

🎣インドネシア製造のロッドです☝️ 🎣シマノ独自の基本構造SPILAL-X-COREにナノアロイ®テクノロジー(東レ)に実現した高強度樹脂を用いたカーボンテープを使用しただけにあって、バットパワーが凄いです💪早潮の流れの中で、80cm(6kg~7kg)クラスの鰤も楽々と引き寄せ浮かせるポテンシャルを備えていました👍️ 🎣40gジグの使用感は、シャクリ時に少し力抜け感じがしたので、40gジグ使用するならショアスロージギングに向いているかと🤔 🎣60gジグをワンピッチワンジャークで の使用感が、一番シックリと来ました☝️ 🎣自重282gと他社の同レベルのロッドより少し重たいので、タックルバランスとして同社シマノのリールではSWシリーズ(自分はツインパワーSWを使用)がマッチングする感じです😃 🎣個人的にS100Mに関して欲を言えば、もう少しだけティプを硬め&ジグウエイトMAX80gにして欲しかったです🙇‍♂️
💫𝒦𝒾𝓇𝒶.𝒴💫
釣り歴 50年

いいんだけど、私には硬すぎる

■用途 7月〜12月で沖堤防で使用。主に青物を狙うために使ってるので30グラム前後のミノーと40gくらいのジグに使用。 ■使った感想 ディアルーナ、エンカウンターとの比較になるけど、硬いのでミノーでのジャーキングやジグのしゃくりはやりづらい気がする 腕がまだまだなのは間違いないですが、、汗 中級者から上級者に良いと思います ■良い点・悪い点 青物とのファイトで簡単に寄せれるのが良い点 アクションが付けづらいのが悪い点 他のMより硬いです
アングラーシン家
釣り歴 4年

優秀

■用途 ショアジギング ■使った感想 水深20m以下程度のやや浅めのフィールドで、40〜60gくらいのジグを快適に使用出来ます。やや硬いロッドなんでジグを弾くような動かし方が嫌な方や、セットアッパーなんかのミノーを使う方は106M PSをお勧めします。 しっかりジグを飛ばせるのでマズメ時に活性の高い魚をキビキビした動きで誘い出すような釣りに向いてる気がします。グロー系のジグとの組み合わせとかも良い印象です。 ■良い点・悪い点 ジグを動かさないような釣りで低活性の魚にアプローチするのは苦手な竿だと思います。
Meganemania
釣り歴 34年

やはり大手、無難で安定感がありますね。

ライトショアジギング用。 だいぶ悩んで悩んで購入しましたので、他の方の参考になれば。 セルテート5000に合わせ、40〜80gのジグ(メインは60g)、20gのワインド、40〜60gのプラグを使用する目的です。 当初、候補としてゼスタランウェイXR106MH、アレスブルーポーター102H、テンリュウライトコア100MHコルトスナイパーXR100MH、106MHPSを考えてました。 全部触りまくって見ましたが、個人的にバットからベリーがしっかりしててティップがしなやかなでかつ張りがある調子が好みで、テンリュウは軽いけどバットから曲がる感じで好みじゃない、コルトスナイパーXR100MHは評判通りライトショアジギングには強すぎる、106MHPSはティップだけでなく全体が柔らかすぎてべニョンべニョンする。(ダイワのジグキャスターに似てる)、ブルーポーターはティップが結構張りがあり、ジクは良さそうだがワインドやサーフで使う軽すぎるルアーは操作しにくそう。あと、間もなく新型が発売されるので様子見。ランウェイXRはデザインが格好いいし、調子も凄く好み。しかし、超軽量ブランクで耐久性が不明だし、値段も高く雑に扱うのが不安。リールシートの形状がライトゲーム寄り。そこで、MAX70までジクが扱えるコルトスナイパーXR100Mを触ってみると、なかなかに良い。もう少しだけベリーに張りがあったほうが好みだか、ティップも程よいしなりでバットもしっかりしている。グリップもリールシートも良い。しかも他の候補よりだいぶ安い笑 ということで、こいつを購入しました。 使ってみての感想は、とにかく扱いやすい。キャストもしっかりジクの重さを乗せてキャストできるし、シャクリもティップがしっかりと仕事してくれ、ジャークごとにパシッとティップが戻り、ジクを動かしてくれるので疲れにくい。あと、飛距離が圧倒的に出る。60gのメタルジグが約120m飛びました。MAX70とのことなので無茶は出来ませんが使った感じ80gまでならギリ使えそう。あとは魚が掛かった時にどうなるか。追ってレビューします。
Y.M001
釣り歴 6年

青物狙い、遠投に🎣

■用途 沖堤防、地磯、サーフ、青物、フラットフィッシュ ■使った感想 沖堤、地磯、中型青物狙いにおすすめです。4〜50gのジグが扱い安いかなと感じます。 サーフ使用時、ツインパワーとの組み合わせでメーターオーバーのエイを引きずりあげることも出来ました🐟 ヒラメ、マゴチの〜60cmサイズは少し物足りなさを感じてしまいます。水上スキーで寄ってきます⛷ スレがかりでようやく楽しめるパワーです。 とはいえ、磯場などで無理矢理浮かせなくてはならない状況で、ワラサ以上の青物がかかると少ししんどいです。 ■良い点・悪い点 *良い点 ・スパイラルXコア、ハイパワーX、ナノピッチ搭載の高強度 ・二重のキャップでリールが緩みにくい *悪い点 ・一日中キャスト、しゃくり続けるには体力が必要
milla
釣り歴 5年

コルトスナイパーXR S100M

■用途 堤防、サーフのショアジギング ■使った感想 S100Mは20-50gのジグ、20-30gのプラグを使用する際に相性が良くストレスもなく飛距離も出せてます。このクラスのルアーであればこのロッド一択だと思います。 ■良い点・悪い点 軽くてしなやかで飛距離が出しやすいです。60cm程度の青物も慎重にやり取りすれば余裕で上げれました。バット部分にほんの少し硬さがあってもいいかと思います。
Yoshi@
釣り歴 5年

20コルトスナイパー XR S100M 最新釣果 718件

20コルトスナイパー XR S100M 使っている釣り人 259人

20コルトスナイパー XR S100M 詳細情報

製品 ロッド
メーカー SHIMANO
シリーズ コルトスナイパー XR
年式 -
品番 SHIMANO 20コルトスナイパー XR S100M
メーカーURL fishing.shimano.co.jp

ショップ価格比較