DAIWA アルファス エア TW 8.6L

最安値
32,461円
(税込)

総合評価

21件中
1 - 12件(新着順)

ベイト初心者にオススメの一台

■用途 ライトソルトゲーム ■使った感想 TWSの無抵抗感は秀逸。シマノのようなかっ飛び感はないけど、フィネスで遠投必要としないので実害ナシ。 ■良い点・悪い点 バックラッシュしにくいし、しても重症にならないのは売り文句通り。ただ、クラッチ、ドラグの操作感がチープ過ぎる。道具というよりオモチャな操作感はいただけない。
tsucchyさん
釣り歴 4年

全体的に良いのですが…

■用途 渓流ベイトフィネス ■使った感想 全体的に、文句無しの性能だと思いますが… ■良い点・悪い点 良い点 フリップキャスト等の、スプールの回転初速が遅いキャストは最高に良いです。 あとバックラッシュはしにくいです。 悪い点 バックハンド等の鋭いキャストをすると、ブレーキが効きすぎます。 一定の力でキャストを続けるなら、良いのですが… 強弱を付けてキャストしていると、エアブレーキ作動するとキャストした後失速します。 今までマグネットブレーキしか使ってなかったので、慣れるまで変な感じがしました。
タカー
釣り歴 5年

ここまで進化したアルファスAIR

■用途 ベイトフィネスリール ■使った感想 スプール径が30ミリと、ハイエンドのスティーズAIRと同等のスプール径と言う事で、よりスプールの初速の回転が良く軽いウエイトでも飛ぶ様に感じます。 それでいて、AIRブレーキとマグネットブレーキがしっかりと回転を制御してくれるので安心して投げられます。 スティーズAIRの方が軽量ルアー(特に1.8g以下)を限界まで軽くして投げられるのですが、その分セッティングがシビア(1メモリ変えるだけで激変する)になっていますが、アルファスAIRの方はコスパに優れているのと、ブレーキセッティングがマイルドになっているので、扱いやすい部分は凄く良いと感じました!1.8g以上のウエイトであれば、スティーズAIRと大差ないのでは?と感じました! ■良い点・悪い点 良い点 スティーズAIRよりも安い!     海水対応 悪い点 特にないが、あえて言うならSS AIRよりも少し重い所です。
★tomのバス釣りch★
釣り歴 10年

ライトプラっキングが楽しくなるリール🎣

■用途 バス、渓流 ■使った感想 ベイトフィネス需要が少なくなり目立たない立ち位置にありますが、バス釣りでのライトプラッキンには本当に使い易いリール。シャッドや小さいミノーを快適に使用できる。 ただ私のスタイル的には8Lb50Mは巻きたい気持ちもあります。 ■良い点・悪い点 良い点としては、ライト系は本当に快適。 悪い点としては、使用幅に限りがある。
Nyokkey.子nyokkey
釣り歴 124年

ダイワ アルファスAIR TW 8.6

■用途  ベイトフィネスリールで軽量ルアーを扱えます。 ■使った感想 ベイトフィネスロッドに合わせてライトリグや、スモールプラグなどを扱えるリールです。5dl〜12dlを30mくらい巻いて使えるので、カバーや、オープンウォーターでシチュエーションに合わせてラインを変え、プラグ、ワーム、スモラバとルアーをまわして使えます。バス釣りだけでなく、ソルトライトフィッシングや、渓流ベイトフィネスにも使えます。 ■良い点・悪い点 ベイトフィネスやるならこれで充分何でもやれます。フロロやPEラインで軽量級ルアーを扱うのに最適。文句の付けようがありません。
愛媛の山さん
釣り歴 39年

渓流ベート用

■用途 渓流ベート ■使った感想 良いですね(笑) 軽量ルアーがストレスなく使える。 2,5g〜ですが(笑) 私はpe0,6号50mリーダー8ポンド5mと少し強めのセッティングです。 竿はULですが40アップのトラウトも余裕てやり取り出来ます。 ドラグクリッカーも追加してて、言う事がありません!
VAT69
釣り歴 年

これ以上は要らない

■用途 ベイトフィネス ■使った感想 これ以上の使用感は要らない ■良い点・悪い点 十分だと思う これ以上の使用感を求めるならば スピニングにするか 特殊な釣りに絞られてくると思う
ホルスです
釣り歴 28年

フィネスリール

■用途 ■使った感想 軽いルアーを扱い易い ■良い点・悪い点 かっこいい
YRパパ
釣り歴 3年

アユルアー

■用途 ■使った感想 ■良い点・悪い点
渓志のたまあみ
釣り歴 38年

見た目、コスパ最高

■用途 ■使った感想 見た目と、コスパ、ストレスフリーに購入しましたが、軽いルアーも投げやすく、とてもいいです。おすすめです。 良い点 見た目、コスパ、性能 悪い点 思いつきません
わぁ〜ちゃん
釣り歴 10年

ベイトで1g以下を可能にした。

■用途 ■使った感想  1グラム台は簡単に扱え、それ以下だと竿との相談ですが、軽いルアーが使いやすい。  TWSでより軽いルアーが飛んでいく。 ■良い点・悪い点  軽いルアーが投げられ、トラブルが少ない。2g台はかっ飛ばせる。  それでも大きめの魚を掛けてあげられる剛性がある。  悪い点は、スペックが軽いものに特化していて、釣りにもよるが、もう一本強めのタックルを持っていかなければ釣りづらくなる。
issyi
釣り歴 16年

ソルト利用可能なベイトフィネスリールにおいては最高の性能だと思います。

■用途 ソルトベイトフィネス〜ライトゲーム、エリアトラウト用として使用しています。 ■使った感想 ダイワらしい、安定したブレーキ性能で、自分のような初心者でも、トラブルを恐れず安心して軽量ルアーをキャストできます。 ■良い点・悪い点 良い点としては、当然ながら軽量リグをキャストした際のスプールレスポンスだと思います。 beams inte 6.4ulに乗せて、最軽量で1.0gのジグヘッドに1インチのピンテールワーム、最重量で10.0gのメタルジグをキャストしましたが、この範囲のルアーウエイトにおいては、よほど変なキャストをしない限り、バックラッシュも無く、狙ったところに思い通りにキャスト可能と感じました。 悪い点、とまではいかないと思いますが、糸巻き量は若干気を使うところかと思います。もともとはPE0.4号を150mフルに巻いていましたが、この状態だとジグ単1.0gのキャストだとブレーキ8/20でも少し糸が浮く感じでした。自分の場合、その場でラインを50メートルほどカットしたところ、ブレーキ6〜8で、1.0〜1.5グラムのジグ単が15〜20メートル程度キャストできました。 ブレーキのかかり方はピーキーでは無く、最初から最後まで機能していると思いますが、アルファス CTSVで感じた最後の失速感はほぼ無かったと思います。 PEを巻く方は、キャストしてみて様子に応じて糸巻き量を減らすか、やや高比重なPE(アーマードF+Proなど)を使用されるとこの辺り改善できるかもしれません。 ベイトフィネスリールの購入を検討されており、かつスティーズAIRほどの予算はなぁ…と言う方にはとてもオススメだと思います。
たぁさん
釣り歴 年